人力検索はてなを利用していると、はてなポイントが貯まったりして、そのポイントの使い道を考えた時に、「はてなアバターとかあったら良いのにな」ということを考えた。アバターとは…


ネットの仮想空間における、ユーザーの「化身」。

オンラインゲームやビジュアルチャット・掲示板などのインターネットコミュニティにおいて、サービス提供元がメインサービスと共に提供する、ユーザーごとに髪形・服・アクセサリーなどを自由に着せ替えできるキャラクターのこと。歴史は古く、1994年にはアバターと称するサービスが存在していた。
アバターとは - はてなキーワード

 こんな感じ。ヤフーブログとか、ライブドアブログを読みに行くと、小さい人間が踊っていたりするけど、そういうのを、「はてな」でも、早くやった方が良い。

 実は、知らないだけで、はてなでもアバターが使えるのでは?と検索してみる。


「はてなココ」では自分のアバターを作って写真の中に入れることができる。

アバターは「ハッピィ」と呼ばれて、自分で作ることができる。

日本版Foursquareの「はてなココ」4月中旬公開=かわいいアバターがポイント【湯川】 : TechWave

 なんか「はてなココ」というサービスでは、アバターを使えるみたいだけど、私的には、ブログパーツとして表示される感じのヤツが良い。

 はてなアイデアで調べてみると…

hatena 『いわゆるアバターははてなっぽくないので残念ながら却下します。』
はてなアイデア - 【はてなアパター】(はてなポイントでいろいろアイテムを購入可能)

 という感じのことが出てきました。はてなっぽくない…だと?!ここで憤りを感じたのは、「だったら、はてなっぽくする方法を考えるべきだろ!」ということでした。

 まぁ、私の考えが、はてなっぽいかは、分かりませんけど、「はてなアバター」があって欲しいと思ったのは…。

  • ポイントを利用する土壌が出来ている。
  • でもその割りに使える幅が少ない。
  • 多くがサービスの利用。

 と思ったのが、発端で、もっと、見える形(画像的に)で使えるサービスも、あっても良いのじゃないか?ということでした。

 「はてなっぽくない」というのは、画像を50ポイントとか100ポイントで販売する…という部分にあるかも知れませんし、もしかしたら、アバターを表示させるサーバー的な負荷、経費等々が折り合いがつかないのかな?とかも考えました。

 まぁ、画像を販売するとかは、昨今のソーシャルゲームの「ガチャ」とかにも通じる気がしますけど、何にポイントを使うかは、価値観の問題な訳で、暴利でないのであれば、アバターがはくステテコが50ポイントとかしても、別に構わないと思います。

 出、既にあるアバターのサービスと同じことをやっても仕方がないですし、何か、はてな的(じゃないにしろ)なアイデアをそこに付加させれば…と考えた時に、思い浮かんだのは…。

  • アバターのアイテムを作ってポイントで販売できる。

 ということでした。セカンドライフでも、そういうのがあると聞いています。既存のアバターサービスで、そういうのがあるかは知らないです。

 まぁ、仕組みとしては、専用のドットエディターなんかがあって、アバターが着る服、後の背景、小物などを作成できて、そして、ポイントで販売できるという…。販売ができると、ポイント長者みたいなのが現れて、そして、税制上の問題が出てくるかも知れませんけど…。でも、それって、人力検索で回答してポイントを貰うのと、何が違うのかな?とか、ポイント送付機能では、同じ問題が生まれないのかな?とか。


 私は、人力検索で貯めたポイントの使い道に困っていたりするのですけど、何か、そういうサービスもあっても良いのでは?とか。アイテムの販売機能まで使うには、月額180ポイント(適当)とかが必要にしたら、費用の部分はなんとかなるかも知れない。

 なんてことが、はてなの中の人に伝わって、実装されたら良いな、とか、思ったり。こまねち。